奥多摩三山縦走【後編】
(その4の3)

鞘口峠〜三頭山


う〜ん。やっぱり道標の写真だらけ。

鞘口峠は鞍部で、いきなりそこそこきつい坂が始まる。
道中の道標。
道標の拡大。だからどうだ、といわれても困るけど。
「登山道」(右)と「ブナの路」(左)の分岐点。もちろん、ここは迷わず「登山道」を選択。なぜかと問われても困るけど、ほら、何となく強そうじゃない?
「登山道」と「ブナの路」の合流点。
ブナ林。解説板には「東京都で、まとまって残っているブナ林は、ここ三頭山と日原川流域だけ」「ふつう、ブナの林床にはササ類が密生していますが、ここは大変少なく」といったことが書かれている。貴重なのである。
道中。
国宝、、、あれは鳥獣戯画か。
三頭山に到着。これは東峰の展望台。
展望台からの景色。
展望台からの景色。
展望台へのアプローチ。
三頭山の東峰の山頂。三頭山はその名の通り東峰、中央峰、西峰の3つの峰がある。
三頭山の中央峰の山頂。3つの峰のなかではここがいちばん高く、1531m。とはいっても3つの峰の標高差は10mもない。
三頭山の西峰の山頂。奥多摩三山制覇! 危うく忘れるところだった。「やったー」と小さく呟く。だって、めちゃくちゃ人が多かったんだもの。
曇っていてほとんど展望なし。晴れているとこの正面に富士山、そのほかいろいろな山が見えるらしい。